店長日記

43

先週末より降り続いている雪。

日曜日はこんな感じで激しく降っていました。

 

除雪も進みましたが、道路の両側には雪が高く積みあがっています。

 

 

今日は晴れていますが、路面が凍結していますので、運転・歩行には十分お気を付け下さい。

毎年恒例、高山の冬のイベント『酒蔵めぐり』が、1月13日から始まります。

高山市内6件の酒蔵が、一週間交代で酒蔵を公開します。

見学は無料ですし、見学後試飲も出来、その他に甘酒や酒粕をふるまう酒蔵もあります。

何よりも普段見ることのできない酒蔵の中を見学し、その後に飲むお酒は美味しい事間違いありません。

この機会に、是非一度お越し下さいませ。

詳しくはこちらから

毎年年末の恒例行事 「氷中貯蔵 熊の涙」の樽入れイベントが、氷点下の森にて明日行われます。

凍った樽の中で冬を過ごし、春に樽出しをするこのお酒は、年々ファンが増えており、嬉しい限りです。

そんな「氷中貯蔵 熊の涙」を、ご自分の手で樽入れしてみませんか

詳しくはこちらから

新酒 「しぼりたて純米生原酒」 の発売をお知らせする為に、

こんなものを店頭に飾ってみました。

 

 

可愛いサイズの杉玉です。

平瀬酒造店の店先にも、大きな杉玉が飾ってありますが、

高い所にある為、お店の前を通っただけでは、気が付かない方が多いのです。

この可愛いサイズの杉玉を目印に、是非お店にお越し下さいませ。

 

 

 

お待たせしました。

新酒「しぼりたて純米生原酒」 12/15発売開始いたします。

 

なぜ、久寿玉の新酒の発売が他の酒蔵様より遅いかと言いますと、

今年の新米を自家製米しているからなのです。

今年の「しぼりたて純米生原酒」は、さわやかな甘い香りが特徴的な、

後味すっきりとした、きれいなお酒に仕上がりました。

酒造期のみ味わえるフレッシュな味を、是非味わってみて下さい。

 

 

名古屋方面から高山に車でお越しになる際、

東海北陸自動車道をご利用になる方も、多いのではないのでしょうか

現在、4車線化工事がすすめられており、その中の軽岡トンネルの貫通式で、

久寿玉の樽をご利用いただきました。

その様子はこちらから 

「久寿玉」という名前から、お祝い事でご利用いただく事が多いのですが、

今回の様な晴れがましい席でご利用いただけて、喜びもひとしおです。

 

今回は4斗樽という、一番大きなものをご利用いただきましたが、

1斗樽からご利用いただく事が出来ます。

結婚式・新年会・パーティーなど、日本酒で乾杯!はいかがでしょうか

枡・木槌・杓もご準備できますので、ぜひお問い合わせ下さい。

 

 

昨日、ご来店いただきました横浜のS様が、すてきなスケッチを描いて下さいました。

 

     

 

ご主人がひやおろしを試飲されている間に、奥様が隣で描かれており、お話を聞くと、

旅先では思い出に描かれているそうです。

 お店の古い雰囲気がでていて、とても嬉しかったです。

 

最近は、携帯電話やスマートフォンで写真を撮られる方が多いですが、

スケッチで思い出を残されるなんてうらやましですね。

 

すてきなS様ご夫婦、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

高山は、まだ梅雨明けしていませんが、

そろそろ、お中元の季節が近づいてきました。

 

お酒の好きな方に 「久寿玉生酒ギフトセット」 はいかがでしょか?

「久寿玉」の生酒3種類を、冷蔵専用ケースに入れてお届けします。

 

 

大吟醸生酒は、兵庫県産山田錦を100%使用した贅沢な逸品。

高山の料亭様でも、ご利用いただいております。

 

純米生酒は、岐阜県産ひだほまれを100%使用した、お米の旨みが感じられるお酒。

ひだほまれの甘み・深みは、濃い味付けのお料理とも相性抜群です。

 

本醸造生酒は、「久寿玉」の夏を代表するお酒です。

すっきりとした味は、食中酒に最適。 

 

大吟醸生酒300ml 1本  純米生酒300ml 2本  本醸造生酒300ml 2本を、

冷蔵専用ケースに入れてお届けします。

もちろん、熨斗対応も可能です。

(ただし、冷蔵商品の為、包装はできません)

こちらはHP限定商品となっておりますので、ご注文はこちらからお願いいたします。

 

先日、高山市丹生川町の飛騨大鍾乳洞が50周年を迎えられ、

高山市長をはじめたくさんの方がおみえになり、記念式典が盛大に行われました。

その様子はこちら

 

その飛騨大鍾乳洞の中で 「久寿玉特別純米」 を貯蔵してしていただいております。

 

 

ほとんど温度変化のない低温で、お酒はゆっくりと熟成されていきます。

 

 

1年8か月経ったこちらを飲んでみると、

甘みの後に少しのとろみを感じ、深みのある味になっていました。

ぬる燗にしても美味しそうです。

 

こちらは飛騨大鍾乳洞でしか販売しておりませんので、

高山にお越しの際は、少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか

これからの夏、鍾乳洞の中は涼しくて別世界のようですよ。

 

久寿玉に可愛い商品が仲間入りしました。

「久寿玉ミニ菰樽」です。

 

 

手のひらサイズの可愛い菰樽に、久寿玉のお酒が入っています。

飲み口はこのようになっていますので、飲み終わった後は飾っていただく事も出来ます。

 

 

ちょっとした手土産やプレゼントに、日本酒好きのお父さんには、

6/19の父の日のプレゼントとしていかがでしょうか?

包装もさせていただきますので、通信欄にご記入下さいませ。

 

 

高山の来られる方の目的のひとつに、「食べ物」があるのではないでしょうか?

ラーメン(地元民は中華そばと呼びます)・飛騨牛・みだらしだんご など等、美味しいものがたくさんあります。

それらを一度に食べられるイベントが 「飛騨の味祭り」 です。

毎年春と秋の二度開催され、今年は5/28・29に行われます。

もちろん、飛騨の地酒が無料で試飲出来るブースもありますので、是非一度いらしてみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらから

春の高山祭は終わりましたが、GW期間中、高山市内ではあちこちで祭礼が行われています。

その中のひとつで、近くの神明神社の獅子舞が平瀬酒造店に来てくれました。

 

お囃子が店内に響き渡り、間近で見る獅子舞はとても迫力がありました。

 

 

突然の訪問に、居合わせたお客様も驚いていましたが、最後に記念撮影をさせていただきました。

 

 

獅子舞のみなさま、毎年ありがとうございます。

 

 

今日の高山は、小雨の降るあいにくの天気の為、高山陣屋前での曳き揃えは中止となりました。

しかし、11:00 と14:00から 各屋臺蔵にてからくりの実演が行われます。

 

春の高山祭りは晴天に恵まれ、たくさんの方にお越しいただきました。

平瀬酒造店にもたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。

今年は、高山市制施行80周年を記念しまして、「高山祭屋臺からくり競演」が、4月29日30日と行われます。

春と秋のからくり4臺が同時に見られる、絶好のチャンスです。

是非お出かけ下さいませ。

詳しくはこちらから

昨日はお天気に恵まれ、御巡幸も無事行われました。

夜祭も屋臺の提灯がとてもきれいで、たくさんの観光客の方がご覧になっていました。

 

朝晩の冷え込みはありますが、日中は暖かく、高山にも春がやってきました。

春の高山といえば、4月14日・15日と春の高山祭りが開催されます。

絢爛豪華な屋台(やたい)の曳き揃え・御巡幸(祭行列)・からくり奉納などの伝統行事が行われ、夜になると、提灯を飾った屋台が町並みを進む夜祭は、特に幻想的な風景が楽しめます。

 

今年は桜の開花が例年より早いようなので、桜・赤い中橋・屋台という、絶好の風景が楽しめるかもしれません。

是非一度お越しくださいませ。

詳しくはこちらから

 

 

 

今朝の高山の様子です

一日中、雪かみぞれか雨が降っています。

3月でも、こんな日がまだまだ高山にはありますので、防寒対策をしてお越し下さい。

 

3/14はホワイトデーですが、お返しはお決まりですか?

迷っていらっしゃる方、お買いものに行く時間のない方、少し変わった物をお探しの方、こちらはいかがでしょう

『純米吟醸キュートボトル✿』

丸いボトルがかわいくて、店頭に来られる女性の人気商品です。

甘口の吟醸酒でとっても飲みやすく、ガラスのお猪口が蓋になっていて、おまけに花形金箔入りという、充実の内容です。

 

3/11までにご注文いただいた方に限り、

右側のように包装させていただきます。

備考欄に「ホワイトデー用包装希望」とご記入下さい。

ご注文はこちらから

 

 

にごり酒がお好きな方も多いのではないでしょうか?

甘口のにごり酒が多い中、『久寿玉にごり酒』 はスッキリとした辛口となっています。

現在販売中のものは、今年の新酒ですので、フレッシュさも同時にお楽しみいただけます。

是非この機会に『久寿玉にごり酒』をお試しになりませんか?

ご注文はこちらから

 

ここで耳より情報を・・・

『久寿玉にごり酒』はぬる燗でも美味しいんです。

是非一度お試しください。

酒蔵めぐりも本日から後半戦です。

昨日までたくさんの方にお越しいただき、 『しぼりたて純米生原酒』 を試飲していただきました。

来てみたいなとお考えの方、ここで耳よりな情報をひとつ

平日は、比較的待ち時間もなく見学していただけますし、何より、見学コースが長く、より充実した内容となっております。

甘酒のサービスもございますので、下記の看板を目印に、是非お越し下さいませ。